東京大学医学部家庭教師研究会 東大医学部生、東大理3生が、成績の上がる勉強の方法を教えます

東京大学医学部家庭教師研究会 東大医学部、東大理III生の家庭教師 ヘッダ画像

東京大学医学部家庭教師研究会 代表プロフィール

吉永賢一(よしなが・けんいち)

1971年群馬県生まれ。

1991年、東京大学理科V類に合格。

東大入学後、生活費や学費を稼ぐために始めた塾講師や家庭教師の仕事で「覚えやすく、成果が出やすい教え方」が評判となる。

2005年に東大医学部を退学し、以降「教える仕事」に専念。

2008年、これまで自ら行なってきた勉強法と学習指導法をまとめた『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』(中経出版)を出版。5万部以上のベストセラーとなる。その後、
『東大家庭教師が教える頭が良くなる記憶法』
『東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法』
『東大家庭教師が教える頭が良くなる思考法』
という「東大家庭教師シリーズ4部作」を完成、累計13万部を突破。これらの書籍DVDは全国のツタヤカレッジでレンタルされ、好評を博す。TSTUTAYA DISCAS

書籍イメージ

『東大家庭教師の 結果が出るノート術』も好評販売中。その他、受験用に記憶法をまとめた「大量の知識の覚え方」DVDも販売。

書籍イメージ

進研ゼミ、学研ムック「東大生のつくりかた」「頭のいい子の育て方」、日経WOMAN、未来アドベンチャー6年生、全国高校生新聞など、勉強法や読書法に関するインタビュー記事掲載多数。

書籍イメージ

NHK BS2で「顔と名前の覚え方」を説明するなど、テレビ出演もこなす。


Deep A番組ブログは、こちら

また、ブログ「吉永賢一IS東大家庭教師が教える頭がよくなる勉強法と記憶のコツ」は、読者登録2000人以上の人気ブログとなっている。

生徒の合格実績は、新潟医、慶應医、順天医、慈恵医、北里医、筑波医(推薦)、横市医、高知医、一橋商、早稲田法、東大理IIIなど。(すべて別の生徒。実際の進学先です)

東京大学医学部家庭教師研究会 代表からのメッセージ

ぼくは、既に大学受験生のときから、「参考書マニア」のような存在でした。

朝から晩まで、参考書売り場に陣取って立ち読みして、良い参考書を探していることもよくありました。

そんな生活をしていたことは、ぼく自身の大学受験にも役立ちましたが、塾や家庭教師で教えるときには、もっと役立ちました。

こういう仕事をはじめたので、参考書の収集や、過去問の収集をさらに続け、冊数を正確には数えていませんが、大学受験関連で、数千冊はラクラク持っているはずだと思います。

(都内にいますので、その保管費だけでもお金がかかります。)

もっとも、途中からは、あまり新しい参考書を買わなくなりました。似たようなものが多くなってきたと感じたからです。

また、予備校のテキストも改善されて、予備校に通っている生徒さんの場合、そのテキスト中心だけでも、かなり演習できることが多くなりました。

大学受験のときも受験勉強をがんばって、大学に入ってからも大学受験を教えて、今は、自分の生徒さんを教えたり、場合によっては、当会の先生にアドバイスをしたりして、かなりの期間、大学受験にかかわることになりました。

人生って、わからないものです。

しかし、さすがにこれだけやってくると、「大学受験の勘所」のようなところがわかってきます。

こうして、ぼくが積み上げてきたことを、授業や、教材に活かしてゆきたいと思います。

吉永賢一   

吉永賢一公式メルマガ(登録無料、プレゼント多数)

お問い合わせ先

東京大学医学部家庭教師研究会
東京都文京区湯島3-27-8 根本ビル2F
TEL 03-5818-3971(受付専用ダイヤル)
受付時間 平日午前9時から午後6時
     土 午前9時から午後3時
     日祝休

※お問い合わせの際には、「ホームページを見て」とお伝えください。
こちらのフォームからもお申し込みできます
料金システム  先生紹介