東京大学医学部家庭教師研究会 東大医学部生、東大理3生が、成績の上がる勉強の方法を教えます

東京大学医学部家庭教師研究会 東大医学部、東大理III生の家庭教師 ヘッダ画像

先生募集

生徒さんの成績を上げるために、ひと肌脱ぎたい先生を募集しています。

当会は、代表が理III出身で、学生時代の初期には十分な学費を得ていなかったと感じていたこともあり、東大理III、あるいは、東大医学部に入学した先生が、自らの能力を活かして収入を得、それにより、教科書を買ったり、世界を見たりして、学問や見聞を広める助けになれればと考えています。

それが、ゆくゆくは、先生や生徒さんの発展を通じ、日本や、この世界を善くしてゆくことにつながると信じています。

発足当初は、クラスメートの援助を意図していましたが、現在は、後輩を助けたい気持ちでやっています。

ですから、当会は営利組織ではありますが、通常の営利組織とは違います。この点の理解がないと、お互いの認識に食い違いが生じることがありますので、面接の際に説明します(将来的には、通常の営利組織のような経営方法に変える可能性もありますが、今のところは違います)。

また、東大理III生や医学部生に、能力に見合った活動の場所を提供したいという気持ちもあります。

当会では、家庭教師の指導方法についても、国内トップレベル(もしかしたら、世界トップレベル)のアドバイスができると思いますので、正当性を感じながら、学費を得てゆく助けとしてください(研修も、適宜行っています)。

応募後には、採用になるかどうかの審査があります。審査内容には、吉永賢一の教育理念や技法への理解度が含まれますが、理解のための教材が提供されますので、応募前にリサーチしておく必要はありません。(ただ、事前にリサーチして、「違うな」と思ったら応募しないほうが、お互いの時間を有効に用いることができるだろうとは思います。)もちろん、その内容を知った結果、共感できないこともあると思います。その場合は、その旨おっしゃっていただければ大丈夫です。

また、生徒さんのご紹介には、時間がかかることがふつうです。ですから、すぐにお金が必要な人には向きません。基本的に、お金に興味がある人というよりは、自己の進化向上に興味がある人、そして、教えることには意義があると感じている人を求めています。その結果として、収入が次第に上がってくることに喜びを感じるような人を求めています。

●応募資格
東大理III生、あるいは、東大医学部医学科生であること。 (東大医学部医学科卒業でも可)

ご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。

※「教える」ということ自体にも関心がある人でないと向かない仕事です。そして、「教える」という行為が成果を結んでゆくかは、「育つことを助ける」という側面をどう取り入れ、実践するかにかかっていると思います。ひとりひとりの心の中には、「育ちたい力」が内在しているはずだと思うのです。お金に関心があってOKですが、お金がメインの関心の人は、ムリです。そういう人は申し込まないでくださいね。

吉永賢一公式メルマガ(登録無料、プレゼント多数)

お問い合わせ先

東京大学医学部家庭教師研究会
東京都文京区湯島3-27-8 根本ビル2F
TEL 03-5818-3971(受付専用ダイヤル)
受付時間 平日午前9時から午後6時
     土 午前9時から午後3時
     日祝休

※お問い合わせの際には、「ホームページを見て」とお伝えください。
こちらのフォームからもお申し込みできます
料金システム  先生紹介